老舗「奈良ホテル」が「都ホテル」グループから離脱

老舗「奈良ホテル」が「都ホテル」グループから離脱

和風デザインの奈良ホテル本館。後方には奈良公園が広がる(日経サイトより)

『JR西、奈良ホテルを完全子会社に 訪日客獲得へ
2018/8/31 18:43(日経サイトより引用)

JR西日本は31日、奈良公園の近くにある老舗の奈良ホテル(奈良市)を完全子会社化したと発表した。JR西と近鉄グループホールディングスが50%ずつ株式を所有していたが、同日付で近鉄の50%分を取得した。

ちょっと古いはなしですが、若干気になっていたものですから書きます。

今年、奈良に用事がありました。「都ホテル」グループホテルと「ニッコーホテル」グループの両方があり、せっかく由緒のある土地なので、最初はグレードが上そうな「都ホテル」グループを考えました。

ただ、調べてみると一泊3~4万のレート(料金)だったので、諦めておとなしくニッコー奈良に泊まりました。ニッコー奈良は、たしか1万2千円程度だったと思います。

ニッコーはエクスクルー支部会員なので(来年3月で陥落しそうですが)、若干のルーム・アップグレードもあり、比較的快適に過ごすことができました。ワンハーモニーのサービスもかなり充実していて、ほかのニッコーと比較しても、だいぶ上回ったものでした。

当日は朝食付きで予約しましたが、その食事もなかなかおいしいものでした。

ここは、JR奈良駅から最近の位置にあります。ラクシャリーなホテルではありませんが、実用的なホテルとして、ビジネスや観光に便利であると感じました。

「都ホテル」のうちに一度..

はなしを元に戻しますが、「都ホテル」グループから離脱するのなら、無理しても「奈良ホテル」に一度泊まってみたかったと思いました。

JRでは、あまりホスピタリティは期待できませんから、「都ホテル」さんのうちに泊まりたかったのです。

従業員さんは、すぐに入れ替わるということはないかもしれませんが、次第にJR色に染まっていくことでしょう。

なぜ老舗が老舗を手放したのか、詳しい事情はわかりませんが、なにか特別の理由があったのでしょうね。

「都ホテル」さんは、とても残念だったのではないかと推測されます。

なお、誤解を招きそうなので申し上げると、わたしはJRホテルメンバーにもなっていて、ときどきは利用します。特に泊まりたいホテルがないときは、JRのホテルも次善の策としては使えると思っています。

ただ、ラクシャリーなホテルの運用には、決まったことを決まったようにしかできないJRは、基本的に向いていないのではないかと感じます。

「都ホテル」さんの今後の戦略は?


奈良ホテルは1909年開業の老舗。客室数は127室あり、客室単価は2万~3万円。
宿泊客は国内の観光客が中心だったが、最近はインバウンドが増えている。
JR西は歴史的な価値のある施設の取得で、観光事業と相乗効果を目指す。

近鉄は旅館を除くと、重点地域である奈良県から自社運営のホテルがなくなった。
今後は奈良へのホテル再進出を検討しているという。
(日経サイトより引用)』