国際観光都市・横浜で子どもにやさしいクラブラウンジは?

2020年9月8日

In_Article_001

国際観光都市・横浜で子どもにやさしいクラブラウンジは?

神奈川県横浜市は、日本有数の国際観光都市、かつ、日本有数の国際コンベンション都市(国際会議や国際学会の開催される都市)です。

そのため、多くの日本人・外国人の家族連れが訪れます。その横浜で子どもにやさしいクラブラウンジは、どれだけあるのでしょうか?

結論を先に言えば、日本有数の国際観光都市にもかかわらず、クラブラウンジに関して言えば、子どもたちへのホスピタリティに著しく乏しいのが、この街の特徴です。

とても残念で仕方がありません。もうひとつの国際観光都市・大阪市と同様に厳しい環境です。

主要ワールドクラス・ホテルのうち、子どもが夕食時に利用できるのはわずかひとつ、すなわち『横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ』のみでしたが、最近開業した「ハイアットリージェンシー横浜」も、その仲間に加わり、むしろ主役として君臨し始めた感があります。

(シェラトン横浜のクラブラウンジは、現在、20時までに時間が短縮され、恒久的なものかは分かりませんが、「子どもの利用を状況に応じ19時までに制限する」[一休サイトより]との不穏な動きがあるようです)。

ハイアットリージェンシー横浜

品質では、ワールドクラスホテル・アライアンスの頂点に君臨していると思われるハイアットのスタンダードブランドホテルが、横浜に開業しました。残念ながら、私たち家族がファンの「みなとみらい地区」ではなく、山下地区ですが、ぜひ一度は訪れてみたいと思います。

いままで泊まったハイアットで、クラブラウンジの子ども入場制限をしているところはありませんでしたが、ここも私たちの期待どおり、そのようなディスクリミネーションは皆無のようで安心しました。

ただ、一休サイトのレビューを見ると、ラウンジが子どもで混雑するので時間帯でディスクリミネーションせよなどという、不穏なコメントを残している人もいるようです。そのような方には、横浜では、ぜひハイアットとシェラトン以外のところをお勧めいたします。そうすれば万事うまく収まると思います。全部ディスクリミネーションせよ、というのではあまりにも一方的だと思いますが、いかがでしょうか?

ちなみに、韓国のソウル国際空港がある仁川では、グランドハイアット仁川が子ども入場制限なし、シェラトン仁川が制限ありで、結果的に役割分担になっているようです。

(普通、シエラトンは制限なしなのですが、グランドハイアット仁川が、本当に子どもの天国みたいなホテルなので、差別化しているのかも知れません。グランドハイアット仁川は、大韓航空(KAL)が運営しています。ホテル外に広大な子どもの遊び場まであり、上階からよく見えましたが、みんなほんとうに楽しそうに走り回っていました。)

横浜ベイシェラトン ホテル&タワーズ

シェラトン・クラブに関して述べれば、ここは真に横浜で「ナンバーワン」の『ホテル・イン・ホテル』になりました。

ここには、改装後はまだ1回しか泊まっていませんので、今後のさらなる子どもたちへのホスピタリティ向上に期待したいですが、
現在のところ、自称スターウッド・フリークのわたしも、自信をもってお勧めできます。

ビジネスにもファミリーにも最適なホテルです。
そんなに多数ではありませんが、世界各国でシェラトンに泊まって、どこでも感じるそのことを、このホテルではより強く感じました。

でも、あまりお勧めすると混雑して料金が上がり、ただでさえ危ないのに、ますます敷居が上がって泊まれなくなくなるので、ほどほどにしておきます(笑)。

このまま、未来を担う子どもたちへのサービスが維持され、さらに向上されることを切望したいと思います。

専用ラウンジのご案内

シェラトンクラブフロアーにご宿泊されるお客様のための専用ラウンジでございます。
ラウンジには専任スタッフが常駐しており、チェックイン・チェックアウトを始め、お飲み物等のご提供、また観光案内やタクシー・ハイヤーの手配等、さまざまなご要望のサポートを致します。
営業時間 6:00~22:00
注)クラブラウンジのご利用は、クラブフロアーにご宿泊のお客様に限らせていただきます。
尚、営業時間外のチェックイン・チェックアウトは1Fフロントカウンターにて承ります。

私的には、22時でなく、24時までやってもらえると嬉しいのですが。
手始めに、23時まででもいいから延長しませんか、シェラトン横浜ベイのディレクターさん。

横浜ロイヤルパークホテル

数年前までは、子どもたちも終日自由にラウンジを利用できましたが、現在、子ども連れはこのホテルに行く理由はまったくないようです。

おまけに、クラブフロア宿泊の場合、添い寝の小学生には、2000円の追加料金が必要とのことです。これは、数年前から箱崎(東京の本店)でも同じようになっていたかと思います。

私的には、超最悪のパターンです。夕刻のラウンジが使えない子供に追加料金が必要とは..まさにダブルパンチですね。

●65階クラブラウンジ●

営業時間 7:00~21:00

・66階専用デスクでのチェックイン&チェックアウト
※クラブラウンジ営業時間外は、1階フロントをご利用ください。
・ティータイム / 11:00~15:00
・アフタヌーンスナック/ 15:00~18:00
・イブニングカクテル / 18:00~21:00

※18:00以降は小学生以下のお子様のご入場をご遠慮いただきます。

ヨコハマ グランド インターコンチネンタル ホテル

子どもはこのホテルに行く理由はないようです。

クラブインターコンチネンタル専用ラウンジ:11:00~21:00(L.O.20:30)

○カクテルタイム(17:00~21:00)
ビールやワイン、また一緒にお楽しみいただけるオードブルをご用意しております。

注意事項
※ 専用ラウンジは終日禁煙です。
※ オードヴルサービスは19:00までです。
※ カクテルタイム(17:00~)は12歳以下のお子様のご利用をお断りしております。

横浜ベイホテル東急

子どもはこのホテルに行く理由はないようです。若い小・中・高校生に加えて、大学1・2年生までも。

私的には、クラブラウンジは子どもたちの躾の場(マナーの教育を行うことができるいい機会)でもあると思うのですが..

さらに、近いうちに日本でも18歳から大人扱いされるらしいのに、ここはヤング・アダルトまで規制対象ということなの?

■ベイクラブクラウンジ 25階
~Complimentary Services~

美しい横浜の風景を望むフロア専用ラウンジでは
ブッフェスタイルの朝食やお飲物をご用意~全席禁煙~

7:00~10:00 朝食 9:50LO
11:00~17:00 ティータイム
17:30~20:00 カクテルタイム
20:00~21:30 ナイトキャップ

※17:30以降は20歳未満のお客様はご利用になれません

おわりに

神奈川県横浜市は、日本有数の国際観光都市、かつ、日本有数の国際コンベンション都市であり、多くの日本人・外国人の家族連れが訪れるにも関わらず、子どもたちへのホスピタリティに乏しい街なのが、とても残念で仕方がありません。

「横浜シェラトン」と同じ、旧スターウッドグループの「横浜ウェスティン」が、2022年5月に開業しますが、大阪ウエスティン、神戸シェラトンのような子供たちの利用時間帯制限が決してないように、強く期待したいところです。

そうすれば、みなとみらい方面の、ほかの3ホテルに絶対勝てますよ!

出典

引用は、情報が信頼できる「一休」さんからさせていただきました。

修正

「神奈川県横浜市は、おそらく日本でナンバーワンの国際コンベンション都市」と書きましたが、よく調べてみると、直近のデータ2017年では6位の間違いでしたので、表現を直しました。

みなとみらい地区のコンベンション施設「横浜国際会議場」がすごく立派で、環境もすばらしいので、てっきり1位かと思いこんでいました。

(2019/2/16)

追加:「ハイアットリージェンシー横浜」の件を追加

(2020/09/08)

未分類

Posted by sheltie