Nikko Hotels

ニッコー・オークラ・ホテルのワン・ハーモニー・プログラムが新SPG・マリオットゴールドを凌駕する!

2018年8月からマリオット系ホテル(スターウッドやマリオット)のゴールド特典が著しくグレードダウンし、レイト・アウトが午後2時までになります。

これは従来からのスターウッド・ユーザからすれば、非常に大きな変更です。個人的には2018年で最大に残念なことでした。旧スターウッドゴールドメンバー&旧スターウッドホテルに関してだけでも、これからでもいいから、ぜひ元に戻してほしい!!!

そこで、今後の対策を練るためにも、ほかのホテル・グループの状況を考察することにしました。今度はニッコー・オークラ・ホテルのワン・ハーモニー・プログラムです。

結論的には、最上位のエクスクルーシィヴ会員なら、新SPG・マリオットゴールドを凌駕していると感じました。

one_harmony_002

ワン・ハーモニー・プログラムのスタータス判定法

one_harmony_000

ロイヤル会員の条件

対象ホテル10泊(もしくは、宿泊で25万円利用、ただし左記は税<別>表記)

なお、One Harmony VISA Gold 単独で同じポイント獲得には100万円(税込)の決済が必要(対象ホテルで利用すれば宿泊とカード決済でダブルに貯まる)。

エクスクルーシィヴ会員の条件

対象ホテル30泊(もしくは、宿泊で75万円利用、ただし左記は税<別>表記)

なお、One Harmony VISA Gold 単独で同じポイント獲得には300万円(税込)の決済が必要(対象ホテルで利用すれば宿泊とカード決済でダブルに貯まる)。

他の方法としては、JALマイル10,000 >> 6,000 One Harmony point に変換可能。

すなわち、JALマイル25,000 >> 15,000 One Harmony point と変換可能で、なんとそれだけでエクスクルーシィヴ会員の条件を満たすことも可能。

【なお、10,000マイル単位の変換なので、もしマイルだけで条件を満たしたいなら30,000マイル必要です。また微妙な変換レートですが、キャンペーン中?とのことなので、さらに悪化する可能性があります。通常は10,000JAL >> 4,500 ポイントとありますが、これだとありえない悪さで話になりませんね。】

スターポイントを交換したJALマイルで、簡単にエクスクルーシィヴ会員を獲得可能!!

すなわち、JALマイルや、SPGのスターポイントから変換したJALマイルで、簡単にエクスクルーシィヴ会員を獲得可能ということになります。

スターポイントで言えば、ちょうど切りのいい20,000ポイントあれば、それから変換したJALマイルをボーナスの5,000マイルと合わせれば、それらでエクスクルーシィヴ会員を獲得可能ということです。

(実を申しますと、わたしもこの方法で2017年にエクスクルーシィヴ会員になった次第です。2019年3月まで有効なようです。)

【なお、10,000マイル単位の変換なので、もしマイルだけで条件を満たしたいなら30,000マイル必要です】

ロイヤル会員・エクスクルーシィヴ会員のレイトチェックアウト特典

エクスクルーシィヴ会員のレイトチェックアウト特典は、なかなかのものですが、ロイヤル会員に関しては、2018/8以降の新SPG/マリオットゴールド以下で、けっこう微妙なところです。

ロイヤル会員・エクスクルーシィヴ会員の宿泊割引特典

対象のホテルに 割引価格で宿泊できる特典 があります(ただしクーポンが必要で、最大5回程度と思います。クーポンは1年に1度郵送されます。)。食事なし素泊まり価格です。そのプランしかなく、お得感が少ないです。クラブ・ルームも対象にありますが、あまり安くはありません。正直、微妙なところです。

アップグレードは「ワンランク」と書いてあり、いま一つのようです。わかりにくいですが、ロイヤル会員の場合は、クーポンが必要で、こちらも5回程度と思います。エクスクルーシィヴ会員の場合は、回数には制限がないようですが、それらのいずれにしても「当日の空室状況」次第です。

結局、ワン・ハーモニー・プログラムはお勧め?

と聞かれると、かなり答えにくい現実なのですが、このシステムには「若干の(というか結構いい?)」利点もあります。長くなりましたので、それに関しては後編で述べたいと思います。

おわりに

このシステムに関しては、(会員であるにもかかわらず)初めて詳しく調べたので、もし間違いが見つかれば後日訂正いたしますが、どうぞご了承いただければ幸いです。

でもけっこう長期な会員のため、実地でいろいろと経験してわかっていますので、それほど間違ってはいないとは思いますが。

【修正履歴】
1)2018/4/24 タイトルを内容がわかるように変更。「まえがき」を追加。
2)タイトルに「?【その1】」を追加。また、画像が不明瞭だったので、解像度を修正しました(2019/1/27)
3)JAL マイルからの変換単位【赤字部分】を書き忘れていました。すみません。今年もまた20,000マイル変換しましたが、そのとき気づきました。ついでに強調したい上の方の赤字部分も追加しました。(2019/8/23)

Nikko Hotels

ステイアワード

okura_bay

ワンハーモニープログラムにも、ほかと同様にステイアワード という制度があって、だいたい1万ポイントあれば、いちばんリーズナブルな部屋には泊まれます。

リーズナブルといっても、ニッコーやオークラに関して言えば、それで普通は十分立派なお部屋だと思います。

なんとなく一石二鳥な気分

25,000JALマイルをワンハーモニーポイントに交換して、エクスクルー支部会員になり、そのポイントを使用して無料宿泊が可能ですので、なんとなく一石二鳥な感じです。

前回のリピートですが「スターポイント・JALマイル・ワンハーモニーポイント」と変換することができますので、これは比較的容易に達成できます。

ステイアワード 「お得に宿泊キャンペーン」

ステイアワード 「お得に宿泊キャンペーン」 という制度もあり、対象期間中にキャンペーン参加ホテルにステイアワードで宿泊すると、通常より少ないポイント数で宿泊できます。

オークラ東京ベイ(舞浜)の場合ですが、5月大型連休は激しく混んでいると思いますが、なぜかその時期「2000ポイント割引」で地味に助かります。

このホテルの割引期間は4月から5月、1月から2月となっていますが、12月もあればさらに完璧でしたね。

なお、前の記事で書いた「ちょっといい点」とはこのような(「一石二鳥」や「ポイント減少」など些細な)ことなのですが、期待はずれでしたら申し訳ありません。場合によってはとてもうれしい制度になりますのでご了解をいただければ幸いです。

いまは若干ショボイホテルアライアンスだが..

個人的には新SPG・マリオットゴールドのサービス低下にともない、ワン・ハーモニー・グループの利用が増えそうです。

以前からけっこう利用させてもらっていますが、すごくいいかといえると、すぐに首をたてには振りづらいですが、そんなに悪くはないです。したがって、これまでのスターウッドに変わり、ファーストチョイスになるかもしれません。

舞浜のオフィシャルホテルでは、クラブ・レベルのサービスが2017年前後から著しく低下したシェラトン・グランデに変わり、ホテルオークラ東京ベイがわたしたちにとってすでに第一の存在になっています。12歳まで添寝可能で子どもにとても優しいホテルです。シェラトン・グランデは以前は17歳くらいまで添寝可能でしたが、2017年ころ改悪されて6歳までになってしまいました。

日本最大(というよりも唯一に近いですが、そう言うといいすぎでしょうか?西武もオータニも海外に若干あるので)のワールドクラス・ホテル・グループとして、今後、さらに充実したプログラムに育てて欲しいものです。

ワン・ハーモニー充実のためには

最上位会員(取得難易度は一般のゴールド程度と思われる)に対する朝食2名分とか、ラウンジのあるホテルの場合はラウンジ・アクセスとか、新マリオットゴールドのサービス低下にともない失われた部分を、ワン・ハーモニーで復活して欲しいと思います。

でも、そうすると、今度はこちらの会員が激増して無理か..

うーん、それなら、無料宿泊アワードに朝食つけるくらいなら現実味があるかも。

無料宿泊アワードを利用しても、結局、朝食と夕食で2万くらいかかるので、お得感がほとんどないのです。朝食がつけばけっこう満足かも..

また何か気づいたら、(ここに書いても多分効果はゼロでしょうが)書きたいと思います。

【履歴】画像が不明瞭だったので、解像度を修正しました(2019/1/27)

Nikko Hotels

ポイントアップ


この件、これまで書き忘れていましたので追加です。

いちばんのメリットだと思ったが今年度から改悪されてしまった!

宿泊アワードの改訂は、毎年4月のようです。「ニッコー・サンフランシスコ」は、今年の3月までは1泊 8,000ポイントで割安でしたが改悪されて、残念ながら 1.5倍必要になってしまいました。

微妙なプログラムだけに、これをいちばんのアピールポイントにする予定だったのですが..もくろみは、もろくも..

1泊 8,000ポイントなら13,333 JAL mile 相当でしたが、1泊 12,000ポイントだと 一気に 20,000 JAL mile 相当に跳ね上がってしまいます。

このホテル、悪くはないのですが、ハイシーズンは下から2番目のデラックス・キングルームでも、一泊5~6万あるいは6~7万くらいして 日本ならluxury hotel 並です。

改訂前はお得でしたが、改訂後は時期(レート)によっては若干微妙かも知れませんね。

利用される方のために

もし米国に行かれてここに泊まられる場合は、下から1番目のクイーンルームはやめたほうがいいかと思います。部屋が狭いうえに、バスタブもない模様です。

上記の宿泊アワードで得られるデラックス・キングルームなら、おそらく問題ないです。値段も大差ないと思います。なお、デラックスでも「部屋によってはバスタブが..」という話も聞きましたので、予約のとき、またはあとに電話またはメールでの確認をおすすめします。

あと、かなり重要なポイントですが、このホテルはお部屋にワーク・デスクがないかも知れませんので、必要な方は必ずご確認ください。昨年、わたしが行ったとき、机がなくて「仕事なのに!」と驚愕しました。一昨年2016年まではちゃんとあったのですが、部屋が改装されたようです。

【履歴】
1)一部、本筋を外れた部分を削除させていただきました。また、ミスタイプや細かい表現をいくつか修正しました。(midnight on 2018/4/28)
2)画像が不明瞭だったので、解像度を修正しました(2019/1/27)

Nikko Hotels

ワンハーモニー宿泊アワード「JAL仙台」週末予約は無理..

「JAL仙台」を取り逃しました..飛行機ではなく、ホテルのほうです。

今度の「JAL仙台」の宿泊希望日は週末で、ずっと前から満室でしたので、毎日のようにチェックしていました。

そんなとき、やっとの思いで、5日金曜の夜に禁煙ツインの空きを2部屋見つけたので、さっそく下記のポイント宿泊リクエスト(欲しいのは1室)を送信しました。下記は説明サンプルで、日付は架空のものです。

ただ、6日土曜の昼にメールが来て「満室で取れない」と言われました。

下記を見るとリアルタイム処理に見えますが、実際はリクエストをオペレータが処理するそうで、そのために大幅なタイムラグがあるようです。

残念ですが、これだと空室数に十分余裕のある状況でないと、宿泊アワードでの予約は無理です。

「宿泊アワード予約システム」にイノベーションが必要!

仙台はいいホテルが少なく(5☆ウェスティンと4☆ロイヤルパークだけ)、その次に使えるホテルとして人気の高い「JAL仙台」はいつも混雑中です。

また、ほかのニッコーでも人気のホテルは多いので、わたしのような思いをしている方は多いはずです。

今後、なんとかリアルタイム処理ができるように宿泊アワード予約システム」にイノベーションが望まれます。

「宿泊アワード予約」のキャンセルも必要

現状ではキャンセルすると、せっかく苦労して集めた「ポイント全額没収」という信じられない仕様です。ワン・ハーモニーのマネージャさんは、いったい何を考えているのでしょうか? 常識をとても疑います。

できれば日付で1日前(深夜23:59)まではキャンセル可能にしてもらえませんでしょうか?
取り消しは極力避けていますが、旅行中にどうしても変更が必要になる場合があります。

結局、「宿泊アワード予約」を取る方法はないのか?

ワン・ハーモニーのご担当者によりますと、該当ホテルに電話する予約法もあるそうです(「それならマニュアルに書いといてね!」と叫びたくなりました..)。

全部のニッコー系ホテルで対応可能かはわかりませんが、急ぎで確実を求める場合は、
チャレンジの価値はありそうです。

結論(即、電話あるのみ)

【1】時間内の場合(営業時間は最下部参照):悠長にWebシステム入力などせず、迷わず予約サポートセンターにお電話しましょう。

【2】時間外の場合:悠長にWebシステム入力などせず、迷わず該当ホテルにお電話しましょう。ただし、対応可能かは該当ホテル次第だと思われます。電話する時刻によっても違うかも知れません。「もし対応していただければラッキー!」程度か?

【3】もちろん、混まないうちに予約するのがいちばんです。でもこれがなかなか難しい..

予約要請サンプル(日付は架空です)

Nikko Hotels, 未分類

一瞬、チャンス到来かと..

本日10月9日の深夜2時頃に、ツイン禁煙2室、セミダブル禁煙2室、ツイン喫煙2室、が正式サイトや代理店サイトに共通枠でリリースされたようです(どなたかがキャンセルのもよう)。

そこで、即、自分で考えた手段、すなわち午前2時でもホテルに突撃電話してみました。

そうすると、土曜は混んでいるのでポイント宿泊は基本的に受け付けていないといわれました。

残念ですが、肝心なときには使えないシステムのようです。

わたしの希望日は、ツイン(21平米)は素泊まり26000円以上、朝食付29000円以上、とウェスティン並みの箆棒な価格になっていました..

ここはそんなに払うべきホテルではないので、いま9日22時現在でもツインが1室減っただけのようです。みなさん、常識的な対応をされているようです。

結論

疑問を持ったら、即ホテルに冷静に質問しましょう。

ホテルさんも、自社の規則で決まった以上の対応は「基本的には」しませんから、遠慮なくそれを聞きだすのがいいと、最近やっとわかりました。

だめならすぐ諦めた方が理科張りが早いです。

Nikko Hotels

まだ決定ではないのですが、来年の前半に某国への出張があるかもしれません。

でも、ネットだけでなく、テレビでも某国のホテルに関する恐怖のニュースが..
フェイクとも思われません。

数年前、某国の首都に泊まった時には、ファイブスターなら大丈夫と思い、シェラトンと新世界ホテルに宿泊しました。そのときは、特に問題はないと思われました。

でもファイブでも恐怖は同じなようです。というか、恐怖のニュースはファイブスターホテルに関するものだったと思います。

もともとそのような傾向の土地かも知れませんが、ここまでとは思いませんでした。

こうなったら、最後の手段はやはり、こちらのホテルに泊まるしかないのでは?

でも、日系ホテルと言っても、外国では現地企業のオペレーションかも知れません。

いったい、わたしはどうしたらいいのでしょうか...ね。

Nikko Hotels

Nikko_campaign cited from One Harmony Site

ワンハーモニーで上記のようなキャンペーンをやっているようです。

さきほど、たまたまサイトを開いたら出てきました。
詳しくは画像をクリックしてください。

年末の旅行はもう宿泊予定を決めましたが、考え直そうかしら..

思わずレディみたいな言葉になってしまいましたが、実際は Odisan です..

Nikko Hotels

ニッコー関西空港はよかった。もっと長く滞在したかった!

2019年3月に仕事の出張で、某地方空港・関西空港・香港と往復しました。

飛行機の出発時刻の都合で、往路トランジットの際だけ、関西空港付近で一泊する必要が生じました。

そうすると、ワンハーモニー会員の私は、当然ながらニッコー関西空港に泊まることになります。
というか、関西空港内には他の選択肢はないので、別に会員でない方もここに泊まるしかありません。

予約したときは「ニッコー成田に比べて高いな」と感じ、若干微妙な感覚に陥りましたが(たしかプレミアム・エコノミークラス・シングルで13,500円程度)、実際着いてみると、なかなか素晴らしいホテルで、トランジットホテルにはもったいないかなといった感じでした。

たとえば、昨年宿泊した韓国・仁川空港のトランジットホテル「グランドハイアット仁川」よりも、ずっとグレードが上に感じました。雰囲気やクラークの応対などに関してです。

もっとも、仁川のハイアットも「グランドハイアット」というよりは、もっとランク下のブランドを
名乗ったほうがふさわしい(ちなみにKAL関連会社が運営)とは思いますが、特別に悪いというわけではないし(細かいところを除けば、滞在には問題ない)、もちろんハイアット全体が悪いといっているのではありません。一般的に言ってハイアットは超一流のホテルですから。

ニッコー関西空港では、朝食も品質は高く、とてもおいしかったです。7時ごろホテルを出ないといけませんでしたので、ゆっくりできなかったのが残念でした。5時半からやっていますので、早く行けばよかったのですが、身体の起動が遅くて6時過ぎまでいけませんでした。

今回、プレミアム・エコノミークラス(なかなかクールなネーミング!)のシングルルームで13,500円程度でしたが、ワンハーモニー最上位会員特典(?)で、最上階のツインにアップグレードしてくださったようです。

部屋の種類に関しては何もお聞きしていないので、自分がどのクラスの部屋に泊まったのかは存じ上げませんが、黙っていても当然のようにアップグレードして下さいました。

以上のように、機会があればまたゆっくり泊まりたいと思うホテルでしたが、空港内ホテルはトランジットくらいしか用途がないので難しいかもしれませんね。カンファレンス会場などもあるかも知れませんが、どれだけ使用されているのかは、調べていないのでわかりません。

でも、いっそトランジットのスケジュールをゆっくり取って滞在というのもいいかもしれません。たとえば、帰国の際に1日くらい余分にとってゆっくりするとか。出張時では無理ですが、個人旅行のときのお話ですけれども。

ニッコー関西空港は、そのようにさえ思わせてくる、とてもいいホテルでした。

Nikko Hotels, Prince Hotels

プリンスに加え、一部のシェラトンやマリオットも対象?:正確には「後日、20%還元」..でも年末年始は無理!2019年12月15日決済分まで

はじめのお断り

書いている自分でも、これは、にわかには信じがたいことので(わたしも検証はできていません)、「可能性がある」という含みのある表現にとどめさせていただきます。

連休もありますし、もしちょうどお出かけの予定がある場合には、ぜひご検証いただければ幸いです。

マリオットなら「名古屋マリオットアソシア」、シェラトンなら「横浜ベイシェラトン」「北海道キロロ」「グランデ宮崎」などに可能性があります。

また、多くのプリンスホテルや一部の日航ホテルにも可能性があります。詳しい対応店は、最下部の参考リンクで検索できます。

決済の条件:Apple Pay でJCB のQuick Pay+

ただし、決済の条件があります。

  1. 20%還元は、対象カード1枚あたり1万円(対象カード1枚あたり利用金額5万円までの20%)までです。
  2. 対象カードはJCBオリジナルシリーズなどJCB本体の発行するカードです。うらに発行会社がJCBと書いてあるもの。オリジナルシリーズでなくともJCB本体発行のANA To Me Card Pasmo JCBなどは対象。My JCBにログインすればキャンペーン告知が出るので明確にわかります。
  3. そのキャンペーン登録が必須です。
  4. 複数の対象カードを所持する場合は、それぞれのカードに関して還元を受けられます。

具体的には、Apple PayでJCBのQuick Pay+ を使うと、2万円以上の決済にも使えるとのことですので、その決済方法を使用するのが条件です。(なお、Google Pay というのでもいいようです。)

ここで「+」がついているのが重要です。これがないQuick Payでは2万円までの決済にしか利用できません

(最初はそれがネックと思い、標記のようなことは、まったく考えに及びませんでしたが、今日別のことを調べていてQuick Pay+もあることを知りました。)。

標記のようなホテルだと通常は2万円を超える場合が多いと思いますので、Quick Pay+ でないといけません。

ただし、Quick Pay対応ホテルは、ほとんどQuick Pay+対応のような感じですので大丈夫かと思います。

もし今後検証ができましたら、ご報告いたします。いまのところ、近日中はホテル宿泊の予定がないのが残念です。

北海道の某プリンスホテルさんにお聞きしてみた!

ここまで書いてとても気になってきたので、最近気になっている某プリンスホテルさんに電話してお聞きところ、フロントの方は「普通に決済に使えるのでは」という感じにおっしゃっていました(たぶんまだ使った人が少なく、ご自分も実際の経験はないのかも知れません)。

このことからおそらく大丈夫なものと思われますが、わたしにはApplePayの使用経験はなく、もし何か特別な制限があってもわかりません。

マリオットゴールドステータス変更のときの苦い思い出もありますので、もし何か間違えていたらすみません。

悪く考えると、ホテルによっては「レストランや物販には使用できても、宿泊費には使用できない」などという場合もあるかも知れません。こういうことは「うまく行ったらおなぐさみ」という程度に、あくまでもゆるくやったほうがいいのかも知れませんね。

でも、もし以上に何か修正が必要な場合は、すみやかに対応いたしますので、どうぞご了解いただければ幸いです。

参考ページ

Apple Pay FAQ

対応店を「函館 ホテル」などと検索できます

検索例

Search_Results

うーん、細かい..

上の方でリンクしているページから、一部引用(記録)しておきます。

1回あたりの利用可能金額は?

QUICPayマーク QUICPay+マーク

QUICPay(クイックペイ)TMマークのお店・・・2万円(税込)まで利用できます。
QUICPay+(クイックペイプラス)TMマークのお店・・・2万円(税込)を超える高額利用もできます。

加盟店によってご利用上限金額に制限がある場合があります。
デビットカードは別途、発行銀行の定める利用上限金額がある場合があります。

キャンペーン対象

JCBカードを設定したApple PayまたはGoogle Payのご利用分
Apple Pay、Google Payを利用する際は、レジで「クイックペイで支払います」とお伝えください。
Apple Pay、Google Payの利用方法はこちら
利用可能店舗はこちら

※Apple PayまたはGoogle Payを使い、日本国内のQUICPay(クイックペイ)TM・QUICPay+(クイックペイプラス)TM加盟店で、お店の端末にスマートフォンをかざして支払うご利用分が対象です。Suicaチャージ・オンラインショップなどのオンライン決済ご利用分は対象となりません。

※QUICPayモバイル・QUICPayカードのご利用は対象となりません。

※JCBデビットカード・JCBプリペイドカードは、QUICPay+マークのあるお店のみ利用できます。

※Apple Pay、Google Payには一度のお支払いでの上限金額があります。詳しくは下のリンク先をご確認ください。

Apple Payの利用金額上限
Google Payの利用金額上限

対象のカード

次の2つの条件を満たしているカードがキャンペーン対象となります。
①JCBグループ発行のカード

お持ちのカード裏面に記載のカード発行会社がJCBグループであるか、下のリンク先でご確認ください。
本キャンペーンの対象となるカード発行会社はこちら
②Apple Pay、Google Payに設定できるカード

下のリンク先から、お持ちのカードがGoogle Pay、Apple Payに設定できるかご確認ください。
設定可能なカードはこちら

※キャンペーン参加登録できないカードは対象となりません。
※カード表面右上に「CORPORATE」の記載がある法人カードおよび、カード番号が355から始まるカードは対象となりません。

追加

代理店経由(Jalanなど)でも、Apple Pay に対応している場合がありますが、上記のキャンペーンは実店舗での決済に限定されていますので、Jalan においてApple Pay によって「事前決済」されても、このキャンペーンの適応はありません。

(この「追加」部分に誤りがありましたので、訂正させていただきました。たいへん失礼いたしました。)