Baseball, MLB

ドジャース左腕プライス、マイナー選手を支援 1人1000ドル

最近の生活が、なにか物足りないと思っていたら、今年はまだ、毎年必ず見ている米国のメジャーリーグ・ベースボール(MLB)がやっていないことに気づきました。おそらくそれが原因だと思います。

もちろん、昨今の新型ウイルス蔓延状況を鑑みれば、延期は至極当然のことですので、選手の皆様のためにも、開幕は慎重に検討して欲しいとは思っています。

そんな中、日経サイトから、いいニュースが飛び込んできました。

実は、かつて岩隈さん(現在巨人在籍)が所属していたシアトル・マリナーズでは、最近、マイナー選手が解雇されたと書いてあったので気になっていました。

そのようなピンチの中で、MLBを代表する好投手のプライス氏が、マイナー選手の支援を始めたそうです。

マイナーとは、マイナーリーグの略称で、日本の二軍などに該当するものですが、日本よりも比較的独立した組織です。米国のプロフェッショナルなベースボールは、全体としてMLB,3A、2A、1Aなどの順番に、階層化された構造になっています。それら3A、2A、1Aなどがマイナーリーグです。

わたしはMLB全体のファンとして、このような選手がきっと出てくると期待していました。

もともと大好きな選手の一人でしたが、ますますプライス投手のファンになりました。

ちなみにプライス投手は、相棒のわんちゃんも非常にかわいがっている、とても優しい方です。

ドジャース左腕プライス、マイナー選手を支援 1人1000ドル 2020/5/31

「マイナーが今季中止の見通し」とは知らなかった

【ロサンゼルス=共同】米大リーグ、ドジャースの先発左腕プライスが傘下のマイナー選手200人以上に1人当たり千ドル(約10万8千円)を支援すると30日、スポーツ専門局ESPNが報じた。新型コロナウイルス感染拡大で米球界は開幕を見合わせており、特にマイナーは今季中止の見通しで選手らが厳しい状況に置かれている。

サイ・ヤング賞(最優秀投手賞)の先発投手が、開幕前は善意の救援投手に

34歳のプライスは2012年にサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)を獲得するなど通算150勝をマークし、今季レッドソックスから加入。AP通信によると、例年通りにシーズンが開幕していれば、今季年俸は3200万ドル(34億6千万円)で、移籍後初登板前の善意となった。

マリナーズよりも契約には厳しいと思われたドジャーズも支援、ただ7月からが心配される

球団は5月31日までマイナー選手1人当たり週400ドルを補償する手当を延長し、少なくとも6月いっぱいは支払い続ける。

Baseball, MLB

mr_granderson
mr_granderson


MLBで最も尊敬すべき選手の一人、グランダーソンさんが引退してしまうそうです。

YankeesやMetsで、いつもホームランを打って、とてもカッコよかったです。

まだまだおやりになれると思うのですが..

東日本大震災のあとには、宮城県石巻市にご訪問して下さったという報道を拝見し、とても感動したことを覚えています。

ぜひ、日本でもプレーしていただきたいと思っていました。

カーティスさん、これからでもきっと遅くないよ!

Hey Curtis, it is not too late for you to play for a Japanese baseball team.